ホーム > 看護部案内 > A5病棟

A5病棟のご案内



病棟の特徴について

A5病棟は53床の障害者施設等の病棟となります。患者様は人工呼吸器の装着や24時間点滴・注入食で栄養を摂って入院される患者様が7割以上です。 各施設からの入院受入れ病棟として機能しており、当病棟は積極的にその人らしさを大切にして、生きる力を引き出すために、主治医・看護師・介護士・リハビリチーム・栄養士・ソーシャルワーカーが一丸となって日々関わっています。


病棟やスタッフの雰囲気・年齢層を教えてください

当院の最上階にあり、遠くに琵琶湖・彦根城・伊吹山を眺めることができます。その開放的な病棟で主治医を父とし、師長は母、主任をはじめとして若いスタッフの兄姉がアットホームな環境の中、働いています。子育て中のスタッフも24時院内託児所を利用して働いています。


新人看護師はこう育てていきたい

あせらずに、昨日より今日、今日より明日一歩一歩確実に進んでもらいたいです。人としっかりと向き合い自分自身を振り返り、思いに添える看護ができるようになってもらいたいです。 そのためにスタッフみんなでサポートします。


将来なって欲しい看護師像

人としっかりと向かい合い、患者さんやご家族と寄り添い、一番の心の助けになる人になって欲しいと思います。


教育のポイントは?

考える能力を育てるために@まずは先輩について真似ることAなぜそうするのかを常に考えることB目の前の患者に何が起こっているかを考えることCそれについて何をすればよいかを考えることD自分で提案することを大切にしています。また、感じる能力を育むことを大切にしていきたい。つまり患者さんとのかかわりで、感動することを大切にしたいです。看護師になって良かった幸せ!と思う時間をより多くもてるようにと思っています。そのために行動できることを目標としたいと考えています。


就職・見学を希望されている方へのメッセージ

家族と共にその人らしさを大切にして、心をこめて生きることを支えるケアをスタッフ全員で実践しています。是非一緒に時間を過ごしてみてください。




ページの一番上へ