ホーム > 教育体制

教育体制

教育理念

看護局の理念に基づく、看護・介護  を提供できる看護師・介護職員を育 成します

教育の目的

一人一人の看護職員の、知識・技術の向上をめざし、看護組織の中で各々の役割と段階に応じた能力を、発揮できるよう教育援助を行う。

教育の目標

1.基本的看護実践能力を身につけ、看護過程に沿った看護が提供できるスタッフを育成する

2.パートナーシップナーシングシステムに沿って、各々が役割を果たし共に学ぶことが出来るよう支援する

3.豊かな感性と人間性をもち、対人関係能力を養えるよう支援する

4.主体的に問題解決する能力を、身につけることができるよう支援する

5.看護・介護研究に対する知識・技術を身につけ、専門職として積極的な姿勢を養えるよう支援する

6.社会の変化を読み取り、時代に即したキャリア開発が、自律的に行えるよう支援する

7.家族と共にその人らしさが尊重でき、心のこもった看取りケアが提供できるよう支援する



現任教育

現任教育



研修イメージモデル

研修イメージモデル

※ クリニカルラダーの詳細についてはコチラからご覧になれます。



ページの一番上へ