ホーム > 看護部案内 > 医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理の基本的な考え方

 彦根中央病院(以下当院)は、患者様が安心して安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供することを通じて、地域社会に貢献することを目的としています。医療安全に対する意識を高めるとともに、事故を未然に回避する能力を強固なものとし、当院における医療の安全管理、医療事故防止の徹底を図るため、全職員が一丸となって医療安全に取り組んでいます。

医療安全管理室の組織図

医療安全管理室構成メンバー

医療安全管理委員会委員長(医師) 都筑 英之
医療安全管理者(看護師) 明隅 知子
医療安全感染管理者(看護師) 瀧上 義子
医療機器安全管理責任者(臨床工学技士) 七里 真

業務内容

*医療安全
・医療安全管理体制の構築
・医療安全管理に関する委員会へ参加、組織的連携を図る
・医療安全に関する職員への教育・研修の実施
・インシデント・アクシデントレポートの集計を行い、分析、対策立案、フィードバック、評価を行う
・定期的な院内巡視
・医療安全に関わる医療相談、ご意見箱への対応
・医療事故への対応と再発防止
・医療安全に関わる情報提供

*感染対策
・手指衛生の徹底への取り組み(使用状況の調査)
・標準予防策の実施の徹底への取り組み
・職業感染予防対策
・サーベイランスによる感染症発生状況の把握
・感染予防策に必要な研修等の開催
・感染合同カンファレンス(年4回)の資料作成と参加
・ICTチームのラウンド実施

*医療機器
・医療機器の保守点検
・医療機器の安全使用のための研修会の実施
・医療機器の設備と管理





ページの一番上へ